« 手づくりアルバム | トップページ | 新宿「水たき 玄海」 »

くぢら餅

姉が買ってきてくれた「くぢら餅」を食べました。

0086 0091








「くぢら餅」は、餅粉に砂糖やくるみなどを混ぜて練り合わせ、蒸し上げた郷土料理で、元々は各家庭で作られていたようです。

くぢら餅と聞いて、すごく懐かしい~!と思ったのですが、私が小さい頃に食べていたのは青森県の浅虫温泉のもので、今回食べたのは山形県のくぢら餅でした。

くぢら餅が数種類あったことにも驚きましたが、食べてみると味も少し違うようです。

山形のくぢら餅はお醤油の味がきいていて、ゆべしに近いかなー?という印象でした。

ちなみに山形のくぢら餅は「久持良餅」と書き、"久しく持ち歩いても変質しない餅"として、昔から狩りや戦いなどに携帯していたそうです。

浅虫のくぢら餅は「久慈良餅」と書き、"いく久しく慈しまれる良い餅"ということでこの漢字が当てられているそうです。また青森県のくぢら餅の元祖は、鰺ヶ沢のものだとか・・。

懐かしいお餅でしたが、新たに色々な発見がありました。


ダージリン紅茶のお店です。茶蔵-sakura- のホームページ

|

« 手づくりアルバム | トップページ | 新宿「水たき 玄海」 »