« 荻窪「cafe gallery ひなぎく」 | トップページ | 「アンリ・ルルー」の塩バターキャラメル »

岩田圭介さんの器と和菓子

原宿の「zakka」で行われた岩田圭介さんの陶展に行ってきました。

岩田圭介さんの器が好きで、随分と前から楽しみにしていた企画展です。

白い茶器がほしいなぁと思っていたのですが、最終日だったのでもう売れてしまっていたのかもしれません。

0104_2






いろいろと迷った末、持った時にいちばん自分の手になじんだ、写真の湯呑を選びました。

私は陶芸について全然知識がないのですが、この湯呑に使われている釉薬は使っているうちに表面がなめらかになって、どんどん味が出てくるよ、と言われ、楽しみになりました。大事に使っていこうと思います。

一緒に写っている和菓子は、神楽坂「梅花亭」の「浮雲」という和菓子です。名前が素敵ですね。

ふわふわとしたメレンゲにつぶ餡が挟まれています。メレンゲがダッコワーズのような食感でおいしかったです。

0107_1 0113_1







もうひとつ名前に惹かれたのが「ほろほろ糖」。小さな包みがかわいらしく、口に入れると名前の通りほろほろと崩れて溶けていきました。


ダージリン紅茶のお店です。茶蔵-sakura- のホームページ

|

« 荻窪「cafe gallery ひなぎく」 | トップページ | 「アンリ・ルルー」の塩バターキャラメル »