« マカイバリ茶園主 ラジャ・バナジー氏の講演会 | トップページ | 横浜三渓園「日本の夏じたく展」 »

吉祥寺「A.K Labo」”台湾茶の愉しみ <第4回>”

以前も一度参加させていただいた、台湾茶のお茶会に参加しました。

今回は、春の新茶をいただける第4回目のお茶会となります。

0214






台湾茶は、いろいろな茶器があって眺めていても楽しくなります。使われている茶器も骨董であったりと、素敵なものばかりです。

茶器を一式揃えるのも魅力的ですが、こんな風に自由に楽しめるのですね。

0213






摘みたての春茶を3種類淹れてくださり、飲み比べをしました。それぞれに違った魅力があって、どれもおいしいお茶ばかりです。

阿里山や玉山の高山茶をいただきました。

飲み比べをすると、特徴が分かりやすかったり、自分の好みを発見できたりして楽しいですね。

淹れ終わった茶葉を広げると、産地や種類ならではの特徴が見えて面白かったです。葉の形がきれいに残っていて、丁寧につくられているのだなぁと感激しました。

0216






その後、好みの茶葉を1種類選び、ひとりひとりの席でお茶請けと一緒にいただきました。

0220






こちらは、「A.K Labo」さんがつくってくださったお菓子です。

「ミント風味のスープ、ブラックタピオカとイチゴいり」と「空豆のタルト」です。とても愛らしいお菓子ですね。

何煎も淹れながら、お茶と一緒においしくいただきました。


ダージリン紅茶のお店です。茶蔵-sakura- のホームページ

|

« マカイバリ茶園主 ラジャ・バナジー氏の講演会 | トップページ | 横浜三渓園「日本の夏じたく展」 »