« 吉祥寺「A.K Labo」”台湾茶の愉しみ <第4回>” | トップページ | 紅茶教室 7 »

横浜三渓園「日本の夏じたく展」

週末、横浜三渓園にて催されていた「表現する素材―日本の夏じたく展―」を見てきました。

先日チケットをいただき、とても楽しみにしていたものです。今回で3回目になるのですね。

庭園の中の鶴翔閣の中で作家さんの展示が見られるという、とても贅沢な空間です。

ワークショップなど、垣間見たものも興味深いものがたくさんありました。

器やガラス、染物、織物といった個性豊かな作品を見ることができます。

チケットの経由で教えていただいた「Kocari」さんのインドの布もとても素敵でした。

麻や絹などの布に施された刺繍は、インドの様々な州の手法を用いているそうです。

布の模様なのかなと思って、近くでよく見てみると、刺し子によって描かれていたり、色のグラデーションも刺繍によって表現されてたりと、細かい手仕事に感動してしまいました。

展示を見た後には、三渓園の中を散歩したり、白雲邸では、夏じたく展での呈茶席があったので、お茶をいただいたりと、ゆったりとした時間を過ごすことができました。


ダージリン紅茶のお店です。茶蔵-sakura- のホームページ

|

« 吉祥寺「A.K Labo」”台湾茶の愉しみ <第4回>” | トップページ | 紅茶教室 7 »