« GW のこと | トップページ | 静岡でお茶摘み & お茶づくり 2010 - ② »

静岡でお茶摘み & お茶づくり 2010 - ①

昨年、初体験した静岡でのお茶摘みとお茶づくり。今年もお友達とご家族のご好意で行くことができました。

今回は掛川のお茶農家さんをご紹介いただき、ひと畝のお茶摘みをさせていただくことに。

0036 0049

車で少し山を登ると間もなく開けたお茶畑が現れ、一気にウキウキした気持ちになります。

見晴らしがよく、お茶畑が一望できました。この辺りには遺跡があるそうです。

そして、お茶摘みへ。お茶は繊細な為、手や化粧品の匂いが付きやすいとのことで、きれいに手を拭いてから摘みはじめます。

0025

まだ摘まれていない畝の、若々しくて鮮やかなみどりが本当にきれいです。

0039

ぷつんぷつんという、新芽を摘む感触も新鮮でした。

農家の方にお茶やこの土地のお話などをお聞きしながら摘んだり、また気づけばみんなが黙々と摘んでいる時間もありました。

昨年お茶づくりをした時に浮かんだ疑問もお聞きしたりと、とても貴重な経験ができました。

お茶だけでなく、果物などいろいろな研究をなさっている方で、接ぎ木された果物を何種類も見せていただいたのも興味深かったです。

0022

こちらは、プランターに植えられたお茶の木「さえみどり」です。

その後、帰って早速お茶づくりの準備です。全部で3キロほどの生茶葉がありました。

0048

まずは何種類つくるかの相談です。前回、やっぱり蒸した方がよかったのでは?という意見もあり、一部は蒸してみることに。

それから、茎と葉の部分の水分調整が難しかったので、それらを分けたバージョンも。

各々が去年の経験を元にいろんな手法を試していくので、かなりのバリエーション数になりそうです。

私もホットプレート上で茶葉を揉むことを試してみました。水分を飛ばした後、火から下ろして揉む時よりも粉が出ずに葉の形が保たれたようです。

0041

仕上げの成形もやりやすくなったように感じました。

②へ続く


ダージリン紅茶のお店です。茶蔵-sakura- のホームページ

|

« GW のこと | トップページ | 静岡でお茶摘み & お茶づくり 2010 - ② »